パナマ運河が拡張、「新パナマックス」の時代へ

2016-06-27

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
プロアイズニュース
VOL.397
2016 年6月27日発行

”貿易のコンビニ”がお届けするプロアイズニュース
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
#22 ワークショップ
【テーマ】海上輸送・コンテナに焦点を当てたワークショップ
【日時】2016年7月16日(土)14:00~16:00 (13:45 開場)
【会場】CROSSCOO山セミナールーム
【参加費】¥3,000- (消費税込)
お申込み: http://www.proeyes.co.jp/post/20160620
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

太平洋と大西洋を結ぶ世界的な物流の要、パナマ運河が拡張されました。
船舶の大型化に対応するため拡張工事が行われてきました。

新たな航路は航行できる船の幅がおよそ17メートル広がり、
全長366メートル、幅49メートルまでの船舶の航行が可能になりました。

いままでは水深 12メートル・6-7万トンクラスの船しか通行できず、
パナマ運河を通行できる船を「パナマックス」と呼んでいました。

今回の拡張で、水深15メートルまでの船が通行できることになります。

コンテナ船の場合、従来は、パナマックス型(4500本積載)しか通行できませんでしたが、
今後は12000本も積載できるオーバーパナマックス型が通行できることになります。

アメリカ東海岸などと輸出入する日本にとっても、コストや日数の削減につながることが期待されています。

同時に、受け皿となる東京・横浜港、名古屋港、大坂・神戸港で
大規模コンテナターミナル(水深-16m 延長 1,000m)の整備も進められています。

Copyright© 2004- サプライチェイン作り国際展開のプロアイズ All Rights Reserved.