#24ワークショップのご報告

2016-09-23

8月はお休みしましたが、またワークショップを再開、
12月までの4回シリーズがスタートしました。

9月20日開催の#24ワークショップのテーマは、
「TPP時代はもうすぐ、関税ゼロのメリットへの対応」
ゲストスピーカーもお迎えして
「英文契約書の読み方、注意すべきポイント」の二本立て。

一般的には、
・輸出者が輸出Invoiceを証拠に原産地証明書を申請し、
・輸入者に原産地証明書を提供する
この手続きで、輸入者は、WTO税率で輸入することができます。

しかし、WTOの場合と異なり、TPPの場合は、
TPPで規定する「原産地規則」を証明することで、
「TPP専用の原産地証明書」の発給を受けます。

「TPP専用の原産地証明書」でないと、
・TPP税率でなく、WTO税率となる
つまり、TPPのメリットを享受することができないことになります。

「特定原産地証明書」の申請に必要なHS番号の特定や
原産地規則のチェックなど、ケーススタディーも交えながら、
さまざまな角度から対応を整理、皆さんと情報共有しました。

_______________________
次回の#25ワークショップは、2016年10月21日(金)15:00~17:00 です。
【テーマ】国際輸送・小口貨物に焦点を当てたワークショップ
【ゲストスピーカー】・外為取引実務:小口貨物取引における銀行決済

お申込みは、こちらへ:

http://www.proeyes.co.jp/post/20160817

Copyright© 2004- サプライチェイン作り国際展開のプロアイズ All Rights Reserved.